会社設立にはどのくらいのお金がかかるの? – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立にはどのくらいのお金がかかるの?

会社設立にはどのくらいのお金がかかるの?

 

・いまさら聞けない会社設立って一人でもできるの?
会社設立には様々な手続きが必要です。
会社設立って一人でもできるの?
いざ会社を設立すると言っても、さて何から手を付けて取り掛かったらよいのだろうか。
会社設立には絶対にやらなくてはならない手続きがいくつかあり、これをすべて執り行わない限り登記が出来ません。
会社を登記してようやく法人の設立となります。
1人で会社設立が出来るのかと言ったら、会社設立は一人でもできます。
ただし、初めての会社設立では分からないことも多いと思いますので、専門家への相談をしたほうが無難です。

 

・会社設立はどこに相談するの?
会社設立をする際にどこに相談したら良いのでしょう。
会社を設立をサポートしてもらうにはどこに頼んだらよいの?
会社設立は会計事務所や税理士事務所、行政書士や司法書士、社会保険労務士に依頼することが出来ます。
この時、税理士事務所や会計士事務所で会社登記を依頼するとその後の財務については年契約で決算や年末調整などもサポートしてもらうことが出来ますので税理士事務所や会計士事務所への依頼がおすすめです。
ただし、法人登記を代理で行う事の出来るのは司法書士だけになります。
しかし今後の事を考えて会計士や税理士に依頼した場合はほとんどの場合は提携している司法書士に登記は依頼して登記までを行ってくれます。
では今後の財務に関しては置いておいてとりあえず登記だけを依頼したいというのであれば、代理で行うことが出来る司法書士がおすすめです。

 

・最安で登記をするには自分でやるほうが良いの?
会社設立にはやはり初期費用が掛かります。
また専門家に依頼せず自分ですべて登記までを済ませてしまえば、最安値で登記が出来るのではと思いがちですが、注意が必要です。
実は定款に必要な収入印紙代に注目しましょう。
収入印紙は定款を紙で提出した場合40,000円の収入印紙を貼る必要があります。
これが電子定款の場合紙での提出ではないため収入印紙の必要がありません。
専門家に依頼する場合電子定款を取り入れているところがほとんどですので40,000円がかからないというわけです。
じゃあ自分で電子定款で書類を提出したらよいのでは?
自分で電子定款での提出をする場合専用のソフト等が必要になってしまうため、個人では費用が掛かりすぎてしまいます。
また専門家に依頼してしまえばかなり早く登記手続きが進みます。
会社の登記はやはり専門家に依頼して確実に手続きを行うことが早道のようですね。