会社設立はミャンマーがおすすめ – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立はミャンマーがおすすめ

会社設立はミャンマーがおすすめ

 

会社設立を考えている方の中には、海外で設立しようかと思っている方も多いでしょう。
近年は海外市場をターゲットにしている会社も多く、日本の企業も海外に拠点を拡大する傾向が強くなってきています。
ただ、海外に進出するとは言っても、具体的にどのようなところに進出すべきなのかというのは、やはり迷ってしまうのではないでしょうか。
ポッと海外に出たところで、絶海の孤島で奮闘するようなものです。
海外に進出する場合は、しっかりと事業計画を進め、その上で拡大していくようにしてください。
なお、近年人気を集めているのは東南アジアです。
市場の規模も大きく、今後さらに発展することが良くされているだけに、会社設立のチャンスはゴロゴロと転がっているでしょう。
特に日本は今後、先行きが暗いです。
それならば、早々に東南アジアなどに拠点を設けて、そこで事業を行った方が良いかもしれません。

ちなみに東南アジアでも注目されているのが、ミャンマーです。
周辺にはラオスやベトナム、タイなど色々な国が広がっています。
なぜミャンマーなのかというと、まだまだこれから市場の規模が拡大する傾向があり、アジアの中でも、かなり市場が拡大していく可能性があるためです。
タイやベトナムもかなり経済発展を続けていて、今後は周辺諸国も発展する可能性があります。
実際にタイやベトナムに関しては、進出している日本の企業も多いです。
ただ、ミャンマーはまだまだ競合も少なく、比較的ビジネスチャンスも豊富です。
そこを上手に活用すれば、よりビジネスの拡大に繋がっていくかもしれません。
日本に共通している点も多いミャンマーは、日本のビジネスが通用するチャンスも転がっていると言えるのではないでしょうか。

日本は今後、人口が減少し、労働力不足はもちろん、少子高齢社会に突入します。
そうなれば、労働人口の負担はさらに減り、経済成長も見込めなくなってきます。
そのため、ミャンマーなどのように労働力を確保でき、なおかつ市場の拡大も狙える国に的を絞った方が良いかもしれません。
もしかすれば、そこからかなり成功してビジネスチャンスをゲットできるかもしれません。
ビジネスの規模が日本はこれからさらに小さくなっていくことを考えると、海外に進出する可能性はどの企業にもあります。
会社設立を考えているのなら、今後どのように発展させていくかはしっかり考えた方が良いです。