会社設立に英語は必要? – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立に英語は必要?

会社設立に英語は必要?

 

会社設立に必要なものは多々ありますが、その中でも近年注目されているのが英語です。
会社設立時に英語が必要となってくるかどうかに関しては、結論を言うと必要ありません。
実際に手続きなどで英語が必要となるということはありませんので、そこは安心してください。
しかし、今後のグローバル社会を考えると、英語力は必要となってくるでしょう。

例えば、会社設立時のメンバーに英語が話せる人材がいるだけで、会社の命運が変わってくるかもしれません。
今後、海外の市場も視野に入れて会社設立をするのなら、英語は必須となるでしょう。
代表や社長が英語を話せないと話にならないということもあるので、会社設立を考えている方は英語を話せるようにしておくことは重要となります。
その点だけでもしっかりと考えておけば、より会社設立もグローバルな視点で考えていくことができるのではないでしょうか。

会社設立をする場合、必要となってくるのが先見の明です。
例えば、今後日本の市場は大きく縮小していくことが考えられます。
実際に人口が減ってくることも用意に想像でき、人口は数十年の間に数分の1になっているでしょう。
だからこそ、しっかりと考えて英語が話せる人材も確保しておくことが重要です。

個人事業主やフリーランスとして活躍する場合でも同様で、今後は英語が必須の能力となっていくでしょう。
特に英語が使えるだけで、日本であっても優位に動くことができます。
例えば、会社設立時のメンバーにまったく英語が話せる人がいない会社と英語が話せる人がいる会社があったとすれば、その会社の将来は変わっていきます。
間違いなく今後は英語が必要となってくる場面も多くなるでしょう。

また、海外進出を考えていなくても、海外からの労働力の流入が今後は考えられます。
そうなると、やはり英語は必要となってくるでしょう。
「働く側が日本語を学べば良い」と思っている方もいますが、それは単純に負担も大きくなります。
それならば、最初から英語を話せる人材を用意しておいた方が、その連携も強くなるでしょう。

会社設立を考えている方は、設立当初のメンバーというのがとても重要となります。
1人で会社設立をする場合は良いですが、人材を確保してから会社設立を考えている場合は、英語が話せる人材も確保するようにしてください。
そうすることで、より安心して対応することができるようになっていくでしょう。