:会社設立ナビ の記事一覧 – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ

会社設立ナビ

会社設立にはどのくらいのお金がかかるの?

 

・いまさら聞けない会社設立って一人でもできるの?
会社設立には様々な手続きが必要です。
会社設立って一人でもできるの?
いざ会社を設立すると言っても、さて何から手を付けて取り掛かったらよいのだろうか。
会社設立には絶対にやらなくてはならない手続きがいくつかあり、これをすべて執り行わない限り登記が出来ません。
会社を登記してようやく法人の設立となります。
1人で会社設立が出来るのかと言ったら、会社設立は一人でもできます。
ただし、初めての会社設立では分からないことも多いと思いますので、専門家への相談をしたほうが無難です。

 

・会社設立はどこに相談するの?
会社設立をする際にどこに相談したら良いのでしょう。
会社を設立をサポートしてもらうにはどこに頼んだらよいの?
会社設立は会計事務所や税理士事務所、行政書士や司法書士、社会保険労務士に依頼することが出来ます。
この時、税理士事務所や会計士事務所で会社登記を依頼するとその後の財務については年契約で決算や年末調整などもサポートしてもらうことが出来ますので税理士事務所や会計士事務所への依頼がおすすめです。
ただし、法人登記を代理で行う事の出来るのは司法書士だけになります。
しかし今後の事を考えて会計士や税理士に依頼した場合はほとんどの場合は提携している司法書士に登記は依頼して登記までを行ってくれます。
では今後の財務に関しては置いておいてとりあえず登記だけを依頼したいというのであれば、代理で行うことが出来る司法書士がおすすめです。

 

・最安で登記をするには自分でやるほうが良いの?
会社設立にはやはり初期費用が掛かります。
また専門家に依頼せず自分ですべて登記までを済ませてしまえば、最安値で登記が出来るのではと思いがちですが、注意が必要です。
実は定款に必要な収入印紙代に注目しましょう。
収入印紙は定款を紙で提出した場合40,000円の収入印紙を貼る必要があります。
これが電子定款の場合紙での提出ではないため収入印紙の必要がありません。
専門家に依頼する場合電子定款を取り入れているところがほとんどですので40,000円がかからないというわけです。
じゃあ自分で電子定款で書類を提出したらよいのでは?
自分で電子定款での提出をする場合専用のソフト等が必要になってしまうため、個人では費用が掛かりすぎてしまいます。
また専門家に依頼してしまえばかなり早く登記手続きが進みます。
会社の登記はやはり専門家に依頼して確実に手続きを行うことが早道のようですね。

会社設立はミャンマーがおすすめ

 

会社設立を考えている方の中には、海外で設立しようかと思っている方も多いでしょう。
近年は海外市場をターゲットにしている会社も多く、日本の企業も海外に拠点を拡大する傾向が強くなってきています。
ただ、海外に進出するとは言っても、具体的にどのようなところに進出すべきなのかというのは、やはり迷ってしまうのではないでしょうか。
ポッと海外に出たところで、絶海の孤島で奮闘するようなものです。
海外に進出する場合は、しっかりと事業計画を進め、その上で拡大していくようにしてください。
なお、近年人気を集めているのは東南アジアです。
市場の規模も大きく、今後さらに発展することが良くされているだけに、会社設立のチャンスはゴロゴロと転がっているでしょう。
特に日本は今後、先行きが暗いです。
それならば、早々に東南アジアなどに拠点を設けて、そこで事業を行った方が良いかもしれません。

ちなみに東南アジアでも注目されているのが、ミャンマーです。
周辺にはラオスやベトナム、タイなど色々な国が広がっています。
なぜミャンマーなのかというと、まだまだこれから市場の規模が拡大する傾向があり、アジアの中でも、かなり市場が拡大していく可能性があるためです。
タイやベトナムもかなり経済発展を続けていて、今後は周辺諸国も発展する可能性があります。
実際にタイやベトナムに関しては、進出している日本の企業も多いです。
ただ、ミャンマーはまだまだ競合も少なく、比較的ビジネスチャンスも豊富です。
そこを上手に活用すれば、よりビジネスの拡大に繋がっていくかもしれません。
日本に共通している点も多いミャンマーは、日本のビジネスが通用するチャンスも転がっていると言えるのではないでしょうか。

日本は今後、人口が減少し、労働力不足はもちろん、少子高齢社会に突入します。
そうなれば、労働人口の負担はさらに減り、経済成長も見込めなくなってきます。
そのため、ミャンマーなどのように労働力を確保でき、なおかつ市場の拡大も狙える国に的を絞った方が良いかもしれません。
もしかすれば、そこからかなり成功してビジネスチャンスをゲットできるかもしれません。
ビジネスの規模が日本はこれからさらに小さくなっていくことを考えると、海外に進出する可能性はどの企業にもあります。
会社設立を考えているのなら、今後どのように発展させていくかはしっかり考えた方が良いです。

会社設立の注意点とは?

 

会社設立は、慣れれば思った以上に簡単にできる手続きです。
専門家に依頼をすれば、代わりに手続きをやってくれたり、サポートしてもらうことも可能ですので、過剰に心配するようなことはありません。
しかし、会社設立にはいくつか注意点もありますので、ここで詳しく説明したいと思います。

まず、会社を設立する前には、運転資金を十分に用意することが何よりも大事です。
運転資金というのは、会社を設立する時に設定する資本金のことです。
資本金は、たくさんあって困ることはありませんので、本格的に法人化する前にできるだけ金策に走り回った方がいいでしょう。

営業開拓されてない状態の場合は、1年から2年以上耐えられるだけの資本金を用意しておいた方が安全です。
また、設備投資などに使う初期費用なども、運転資金と合わせて口座に入れておきましょう。

ちなみに資本金は一度設定してしまうと、そのお金は会社のお金ということになりますので、自分で勝手に使うことはできません。
場合によっては、横領になる場合がありますので、安易に個人で使わないようにする必要があります。

もし手元のお金に不安がある場合は、資本金に全額を投入するのではなく、ある程度余裕を持って預けておくことも肝心です。
資本金は、後で追加することができますので、会社登記の時の資本金設定の時には、全額預ける必要はありません。

他には、法人になると法人税が課税されることも、念頭に置く必要があります。
これが実は厄介なポイントのひとつで、法人税というものは、所得がマイナスになっても一定の税額が課税されてしまいますので、気をつけなければなりません。

借りに会社を破産させなければならない場合でも、税金は帳消しにならないものです。
ですから、個人事業から法人成りをする場合は、法人税を払ってもリターンが大きくなるかどうかを考えながら、会社設立の手続きを行う必要があるでしょう。

あと消費税というのは、事業主は最高で2年間免除になるのですが、それは出資金が1000万円未満であることと、課税売上高が1,000万円以下であることの二つの条件を満たしていなければなりません。
会社設立の時に、資本金を1,000万円以上に設定してしまうと、この消費税免除制度が適用されませんので、初めのうちは資本金の設定に注意して1,000万円未満になるよう調整した方が節税メリットが大きいです。
会社を設立すると、このように色々大変なことが増えますが、2年間の損失繰越控除を受けられたり、青色申告事業者になることで、青色申告特別控除が受けられたりします。
その他、必要経費の適用範囲が広がったり、様々な節税メリットがありますので、やはり事業が軌道に乗ったら、会社設立にチャレンジした方が良さそうです。

会社設立に英語は必要?

 

会社設立に必要なものは多々ありますが、その中でも近年注目されているのが英語です。
会社設立時に英語が必要となってくるかどうかに関しては、結論を言うと必要ありません。
実際に手続きなどで英語が必要となるということはありませんので、そこは安心してください。
しかし、今後のグローバル社会を考えると、英語力は必要となってくるでしょう。

例えば、会社設立時のメンバーに英語が話せる人材がいるだけで、会社の命運が変わってくるかもしれません。
今後、海外の市場も視野に入れて会社設立をするのなら、英語は必須となるでしょう。
代表や社長が英語を話せないと話にならないということもあるので、会社設立を考えている方は英語を話せるようにしておくことは重要となります。
その点だけでもしっかりと考えておけば、より会社設立もグローバルな視点で考えていくことができるのではないでしょうか。

会社設立をする場合、必要となってくるのが先見の明です。
例えば、今後日本の市場は大きく縮小していくことが考えられます。
実際に人口が減ってくることも用意に想像でき、人口は数十年の間に数分の1になっているでしょう。
だからこそ、しっかりと考えて英語が話せる人材も確保しておくことが重要です。

個人事業主やフリーランスとして活躍する場合でも同様で、今後は英語が必須の能力となっていくでしょう。
特に英語が使えるだけで、日本であっても優位に動くことができます。
例えば、会社設立時のメンバーにまったく英語が話せる人がいない会社と英語が話せる人がいる会社があったとすれば、その会社の将来は変わっていきます。
間違いなく今後は英語が必要となってくる場面も多くなるでしょう。

また、海外進出を考えていなくても、海外からの労働力の流入が今後は考えられます。
そうなると、やはり英語は必要となってくるでしょう。
「働く側が日本語を学べば良い」と思っている方もいますが、それは単純に負担も大きくなります。
それならば、最初から英語を話せる人材を用意しておいた方が、その連携も強くなるでしょう。

会社設立を考えている方は、設立当初のメンバーというのがとても重要となります。
1人で会社設立をする場合は良いですが、人材を確保してから会社設立を考えている場合は、英語が話せる人材も確保するようにしてください。
そうすることで、より安心して対応することができるようになっていくでしょう。

会社設立のサポート

会社設立に向けて準備を進めているとどうしても自分たちだけでは分からないことも出てくると思います。
そんなときのことを想定してあらかじめサポートしてくれるところを調べておくと、もしものときにも役立ちますし、立ち止まらずに準備を進めていけます。
それでは会社設立のサポートをしてくれるところにはどんなところがあるのでしょうか?
≫ 『会社設立のサポート』

決算について

会社設立する際には決算をいつにするか決めなければなりませんが、これはどのようにすればいいのでしょうか?
ここでは決算期を決めるときの基本をお伝えしていきますので、これから経営者になることを考えている方は読んでみてください。
≫ 『決算について』

会計について

新たに会社設立するためには、これまで知らなかったことも勉強しなければなりませんし、その中には覚えないと会社を運営していけないようなこともあるでしょう。
中でも会計は会社を運営するうえで基礎となる部分で、ここを覚えなければ会社で使うお金の流れも把握することができません。
そこで今回は会社設立時に覚えておきたい会計についてお話していきたいと思います。
≫ 『会計について』

印鑑について

会社設立時には必ず印鑑を作成しなければなりませんが、その種類は全部で3つあります。
「実印・銀行印・角印」とそれぞれ使い道に特徴がありますから、今回はそのあたりの話をしていきたいと思います。
≫ 『印鑑について』

会社設立の必要準備

会社設立のための必要準備は計画的に進めることが大切で、あらかじめ順番を決めておくとスタートまでの時間を短縮できます。
そのためにはまず何をするべきかを知り、そのうえでどういった流れで進めていくか決めることが重要です。
会社設立の必要準備で最初にやるべきことは会社名・会社の所在地・事業目的を決めることで、これはベースとなる部分ですから一番時間をかけてもいいところでしょう。
≫ 『会社設立の必要準備』