会計について – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会計について

会計について

新たに会社設立するためには、これまで知らなかったことも勉強しなければなりませんし、その中には覚えないと会社を運営していけないようなこともあるでしょう。
中でも会計は会社を運営するうえで基礎となる部分で、ここを覚えなければ会社で使うお金の流れも把握することができません。
そこで今回は会社設立時に覚えておきたい会計についてお話していきたいと思います。

最初に会計の基礎となるのが簿記や経費についてで、たとえば簿記の場合一般的によく知られているものとは少し意味合いが異なります。
簿記検定〇級の資格を生かす仕事をするわけではありませんし、そういった仕事は社員やパートに任せるものです。
経営者の身に着ける簿記とは作成された決算書を見て、今後会社をどういう方向へ導いていけばいいのか判断できることで、つまり決算書を作成できる力とそれを活かせる力が必要なのです。

また経費については経験も必要になってくる部分もありますが、どれが経費になってどれが経費にならないのか一般的なものだけでも把握しておくべきです。
税理士にすべて任せているから大丈夫というだけではやっていけませんし、ミスが出てくるおそれもあります。
経営者が税理士や会計士のレベルまで知識を持つ必要はありませんから、税理士に聞くのは本当に分からないときのみにして、基本的なことはすぐに頭に浮かぶ程度は覚えておく意識をもっておきましょう。

会計を知ることは会社運営をスムーズにするためにも必要なことですし、会社設立時にできるだけコストかけないという面でも大いに役立ちます。
最近ではインターネット上にも数多くの会計に関する情報が公開されていますし、税理士や会計士が直接アドバイスしてくれるサイトもありますので、そういった専門サイトも利用してください。
使えるものはうまく使って効率的に知識を深め、会社を自分の計画通りに進めていく努力をしていけば、きっと成功できるはずです。