会社設立にかかる費用 – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

会社設立するためにかかる費用はどのくらいなのか気になっている人も多いと思いますが、現在会社設立にかかるコストはそれほど多いわけではありません。
まず一般的に会社設立と言えば株式会社化合同会社の2種類が選択肢になります。

株式会社の場合、公証人手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円の合計240,000円で、定款を電子定款で行う場合は定款印紙代がかかりませんから合計が200,000円になります。
資本金についても旧会社法では株式会社を立ち上げる場合、最低でも1,000万円の資本金を用意しなければならなかったのが、新会社法ではその規定もなくなりました。
したがって株式会社を立ち上げるために必要な費用は200,000円から240,000円が最低ラインとなります。

次に合同会社ですが、こちらは株式会社を立ち上げるよりもさらに安くなっていて、まず定款の認証が必要ないため公証人手数料がかかりません。
また定款印紙代も紙で行う場合は40,000円かかりますが、電子定款なら無料ですし、登録免許税も60,000円と株式会社の半額以下になっているので、60,000円あれば会社をはじめることができます。

このように会社設立に必要な費用は思ったほどハードルが高いわけではありませんから、はじめようと思えば誰でもチャレンジできるでしょう。
しかし会社をスタートさせるためにはこれだけの費用では難しいですし、現実的に考えると資本金ゼロからスタートすることは考えられません。
なぜなら会社がスタートした直後はまだまだ利益を出すまでに至らないことも多く、会社を試運転させるための期間が必要です。
そんなときにまったく資本金がない状態だとすぐに行き詰ってしまいますから、資本金は余裕のある金額を用意しておきましょう。
この点は共同出資者がいればその人とよく話し合い、また専門家の力も借りて進めてください。