印鑑について – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 印鑑について

印鑑について

会社設立時には必ず印鑑を作成しなければなりませんが、その種類は全部で3つあります。
「実印・銀行印・角印」とそれぞれ使い道に特徴がありますから、今回はそのあたりの話をしていきたいと思います。

はじめに実印は代表者印、会社実印、法人実印、丸印と呼ばれることもあって、これは会社設立時に必ず用意しなければなりません。
なぜならこの印鑑は法務局で会社設立の登記をする際に必要になりますし、その後もいろいろな場面で使うことがあるからです。
基本的にこの実印が押されている書類は会社の意思決定した証明にもなるため、大変重要なものなので保管も厳重にしなければいけません。
また形状は18?の丸印が一般的ですが、特に法律上決められているわけではないのでその点は自由です。
そして会社で日常的に実印を使うのは紛失の可能性もありますので、別の印鑑を用意するようにしてください。

次に銀行印は銀行届出印、金融機関届出印とも呼ばれ、その名の通り銀行口座専用の印鑑のことを指しています。
これは銀行で通帳を作るときに必要になるものと同じで、個人でも法人でも重要性は変わりません。
ただし預金通帳と銀行印があればすぐにお金を引き出せる状況は法人として危険なので、一定額以上のお金を引き出す場合は役員の許可が必要になるなどの決まりごとを作っておくといいでしょう。

最後に角印ですが、これは社印とも呼ばれ3つの中でももっとも日常的に使用する印鑑です。
会社名や所在地などが記載されているので領収書や請求書など実印を押すほどの重要書類ではない場合に使われます。

このように法人で使う印鑑にはそれぞれ特徴がありますから、使い方をよく覚えて適切に使ってください。
印鑑はいろいろな場面で必要になりますので、できるだけ早めに作っておいたほうがいいですし、実印はなければ登記もできないのである程度方向性が決まったらまず作っておくと考えていいと思います。
作業を効率的に進めてスタートまでスムーズにいきましょう。