会社設立の必要準備 – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立の必要準備

会社設立の必要準備

会社設立のための必要準備は計画的に進めることが大切で、あらかじめ順番を決めておくとスタートまでの時間を短縮できます。
そのためにはまず何をするべきかを知り、そのうえでどういった流れで進めていくか決めることが重要です。
会社設立の必要準備で最初にやるべきことは会社名・会社の所在地・事業目的を決めることで、これはベースとなる部分ですから一番時間をかけてもいいところでしょう。

会社名はいろいろな決め方ができ、漢字にすることもできますし平仮名でも構いませんし、英語やカタカナにするところもあります。
決め方は事業内容をイメージさせるものもあれば、事業主の名前をそのまま持ってくる場合もあり、自由度は高いです。
ただし既存の名前だとなかなか認知されにくかったり、使うことができない場合もありますので、ある程度候補が出てきたら使える名前かどうか調べてください。

次に会社の所在地ですが、これは事業内容をどうするのかにもよりますが、営業しやすく、従業員が通いやすいところにしたほうがいいでしょう。
頻繁に営業に出ていく場合、市街地から遠いところにあると交通費がかかりますし、移動時間もかかるので効率も悪いです。
また求人募集するときにアクセスが悪い場所にあると人が集まりにくくなりますから、その点も考慮しておかなければなりません。

最後に事業目的を決める場合、自分がどんなものを売りたいのか、またどうすれば売れるのかを考えなければいけません。
すでに扱ったことがあるものを売る場合はある程度ノウハウも分かっているでしょうが、失敗のリスクを避けるためにも成功している人から話を聞くことをおすすめします。

そのほかにも資本金をいくらにするのか、会社の種類はどうするのかなども決めなければいけませんし、定款の作成や印鑑作成もする必要があります。
会社設立後、スムーズに営業をスタートさせるためにもひとつひとつ確実にこなしていけるような準備をしてください。