会社設立のメリット – いまさら聞けない会社設立のこと

HOME » 会社設立ナビ » 会社設立のメリット

会社設立のメリット

将来、会社設立を考えているなら当然知っておかなければならないのが、そこに生まれるメリットについてです。
会社設立することによって生まれるメリットは最大限に生かさなければいけませんし、何ができるか知っておくことでビジネスの幅も大きく広がります。

まずよく言われているのが節税の幅が広がるという点と信用力が高くなる点で、これは間違いなく高まる部分です。
これまで経費として計上できなかったものも法人化することによって可能になりますし、社会的に見た地位も確実に高くなります。
ひとつ例をあげると個人事業の場合、所得税を支払うことになりますが、これは累進課税なので利益が大きくなればなるほど税率もアップしていきますから法人化して法人税に切り替えることによって節税できる可能性があります。
ひとつの基準になるのが500万円で、この数字を超えるようであれば一度法人化を検討してみても良いと言われています。

また法人化することによって取引先や仕入れ先の幅も広がることは間違いなく、人とのつながりにも大きな変化があるでしょう。
個人事業主はあくまでも一人でやっている状態なので信用という面ではあまり高くありませんが、法人になると個人ではなく組織として認められたことになるため、人からの見方も変わるのです。

そして意外と大きいのが採用の幅が広がるという部分で、これは組織を大きくしていくうえで欠かせないところです。
法人として求人を出すと求職者の見る目も違いますし、たくさんの人が応募してくるようになります。
自分が職を探している立場になると分かりやすいのですが、個人事業主よりも法人のほうが安定して働けるイメージがありますし、個人事業主だと採用されても期待できる昇給は望めないと考えるでしょう。

このように会社設立のメリットはいろいろなところにあって、ある程度利益が出てきたら一度考えてもいいと思います。
どうすればいいのか分からない場合は一度専門家に相談するといいでしょう。